代表のあいさつ

ヒロ銀座について

代表取締役社長 渡部 博

はじめに

みなさん、こんにちは。
代表取締役、北海道理容美容専門学校卒の渡部博です。

高級個室理容室の【HIRO GINZA HAIR SALON】
ワンランク上の上質なサービスを提供する【PREMIUM BARBER】
バーバーブームを牽引する【HIRO GINZA ~BARBER SHOP~】
ヒロ銀座の海外ブランド【HIRO GINZA PREMIUM BARBER】

4つのブランドを展開しているサロンです。

社員数も徐々に増え、毎年出店しているので今では30店舗になりました。
私はヒロ銀座のスタッフを絶対幸せにしたいと常に思っています。ヒロ銀座がここまで大きくなれたのも私たちだけではなく社員たちのおかげです。これからもスタッフ全員を大切にしていきます。

ヒロ銀座には3つの理念があります。

1、スタッフ
ヒロ銀座が第一に目指すのは『スタッフの家族を含め、関わる全ての人の幸せです。』
そのために物心両面の豊かさを追求し、健康で安心して働ける職場づくりに励みます。

2、お客様
ヒロ銀座が第二に目指すのは『お客様に「ありがとう!また来たい」と感動していただくことです。』そのために技術、接客、チームワークを磨き、人間力を高めてお客様に感謝し、永くお付き合いできるよう日々向上します。

3、社会
ヒロ銀座が第三に目指すのは、世界中の人々の幸せを願い、理容業を通じて貢献する事です。
その為に国内外への挑戦を続け、サービス業の社会的価値を上げていきます。
そして将来性があり夢のある職業だと世界に拡めます。

この3つの理念を常に心がけ、最終的に私は理容業をどんな職種より価値のある職業にしたいという想いがあります。ひとりひとりが技術力と人間性を高めれば必ず達成できます。
みなさんと一緒に楽しい毎日を送ることを心から楽しみにしています。

理容業界への想い

昨今の理容業界の現状と致しましては、徐々に理容を志す技術者としての人材の減少が顕著に現れており、業界においても大変な問題であります。そこで弊社では、微力ではございますが、年々衰退していく理容業の活性化を本気で目指し取り組んでいるところです。問題である低賃金、長時間労働、離職率の高さといった様々な問題に向き合い、理美容業及びサービス業の社会的価値を上げる事を会社の理念として、将来理容の道を目指す人を、一人でも多く増やす事に全力を注ぎ、業界を変えていきたいと考え努力をしている所です。

社員が心身共に安心して働ける職場作り。一流の技術と一流の接客を身につけ、お客様にご満足して頂ける事、そしてチームワークを磨ける環境を整える。その結果、給与面においては、お客様や取引先の業者様のお陰と共に、働いているスタッフみんなの努力のおかげで初任給を27万円まで引き上げることができました。
ですが、まだまだ通過点だと思っております。
来年、再来年には初任給を30万に上げ、さらに将来的には40万円、50万円を目指します。そして理容業が、他の業種よりも魅力的でやりがいがあり、周りを幸せにできる職業だと世界に思ってもらえるように、私達が先頭をきって社会に広めて、理美容師の職業の価値を上げていく事を目標にしております。

そのためには一流の理容師を育てなくてはなりません。たとえ高い技術料でも、沢山のお客様が喜んでご満足して頂く為には妥協はできません。たゆまぬ努力をしなくてはなりません。日々社員を教育し続け、一人一人がお客様から高く評価を頂き、理容師として技術だけでは無く、接客、サービス共に一流の追求を目指していきたいと思っております。夢と情熱を持って働くことで世の中に理容業を目指す人が増えると信じております。

まだまだ未熟で至らない点も多々あるかと存じますが、今後の活動の中で、インターンや職業説明会、職業体験、学校回りなど、もし理容業の繁栄や理容を志す人材を増やす働きで何か御協力出来ることがございましたら、何なりとお申し付け頂きたく存じます。
これからの理容業の発展を心から願い、努力していく所存であります。
何卒宜しくお願い致します。

代表取締役社長
渡部 博
PAGE TOP