むくみの原因と予防

今日はプレミアムバーバー新宿です。

10月はいりあっという間になつもおわりました。

夏から秋への季節の変わり目は、むくみやすい人が多いくなります。

⭐️今回はむくみについてです⭐️

最近は急に肌寒くなって日中は暑く汗をかく日も少なくありません🍁
夏のような水分摂取をしつつも、夜は冷えるというこの季節は、むくみが起こりやすい時期です🙌

冬のようにブーツを履いたりしない分、気づかない人も多いですが、特に女性はむくみが起きているケースが多いのです⚠️

🐾むくむ原因🐾

体内の水分バランス+夜間の冷えがむくみに

むくみというと冷える冬のものだと思っている人が多いですが、実は夏から秋にかけてがむくみやすといわれてます。
夏は、脱水や熱中症を予防するためたくさん水分を摂りますが、暑さで汗をかいたとき、水分といっしょに塩分(ナトリウム)が排出されます。

ナトリウムは、体に水分を溜め込み、むくみの原因と言われてます、、
ナトリウムの喪失を招いて、逆にむくみの原因になります。水と一緒に摂取することで、体内の浸透圧を正常にして、むくみを防いでくれるのです。
汗により、ナトリウムが減り体内の電解質のバランスが崩れ、さらに水分を多く摂るので、夏はむくんでしまうのです。

今は秋に変わりましたが、まだ汗もかきやすく、さらに夏の水分摂取の癖が残っているこの時期は、体内バランスが崩れやすく、むくんでしまうことが多かたいのです。

また生理のときむくみやすくなります。

 

むくむ原因として

・水分のとりすぎないことも大切
最近は水を1日二リットルというフレーズをよく耳にするのですがとりすぎるのもよくありません。人の体は6-7割みず
血液中では血漿の約9割が水と言われており、栄養物を全身に巡らせ、体温調節を行うなど、生命活動には必要不可欠なものです。

しかし、この水の巡りが滞りカラダに溜め込んでしまうと一変、不調を引き起こす原因となってしまうことがあります。

・体を冷やさない

外にいるときはもちろんなのですがお家や部屋の中にいるときも冷やさないようにしましょう。外からのひえを撃退する!食べ物でも気を付けれます
カラダを温める食べ物は根菜類や生姜、発酵食品がオススメです。逆に白砂糖など、甘いものの中にはカラダを冷やすものもあるので、おきをつけてカラダの内側も外側も冷えから守ることをお忘れなく。

・筋肉をつける
筋力の低下もカラダに水を溜めてしまう原因の一つです。筋肉には、余分な水分を押し出すポンプのような役割があるため、筋肉をつけることで、むくみの予防策となります
カラダを温める、肩甲骨周りを意識したストレッチなどはどこてもできます、
そのときに活躍する商品
その名は…リファカラットです。
ただコロコロ転がすだけでむくみ改善とリフトアップ手軽にできます。

プレミアムバーバーでも取り扱っております!是非お試しあれ!

シェービングサロン、ブライダルサロンをお探しの方、是非ヒロ銀座グループへ!✨

一緒にお肌を綺麗にしていきましょう♪

ご予約はこちら↓↓↓

・↓ヒロ銀座

http://www.hiroginza.com/ladies/bridal/

・↓プレミアムバーバー

https://www.premiumbarber.com/ladies/bridal/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です