日焼け止めの効果とちがい💫

みなさんこんにちは!ヒロ銀座本店の渡辺です!

夏本番☀️みなさん日焼け対策はされていますか??

夏の強い日差しを浴びすぎると、お肌に対するダメージが非常に大きいです😱

例えば、シミ、そばかすの原因になったり髪の毛もいたんでしまったり、、、

正しい自分に合った日焼け対策で、綺麗なお肌を保ちましょう♫

まず、日焼け止めにも人それぞれに合った日焼け止めを使うと、効果が倍増するのです💗💗

敏感肌の方にオススメな日焼け止めには、📍『ウォータープルーフ』が重要です📍

ウォータープルーフは、汗や皮脂、涙などに強く落ちにくいという効果がみられるものです。

どんなにきちんと日焼け止めを塗っても、汗や皮脂で流れ落ちて効果はありません💦

ウォータープルーフはとても大事なものですが、強すぎるのも敏感肌の方にはよくありません。肌に負担をかけないウォータープルーフの目安は『普段のメイク落としで落ちるもの』です!

ウォータープルーフ効果の高い日焼け止めは、専用のクレンジングでなければ落とせませんので、注意してください🔎

📍クリームタイプの日焼け止め📍

敏感肌の方にオススメな理由は、紫外線カット成分が吸収されにくいためです。

逆にローション、スプレータイプのものは体内に吸収されやすいと言われています。

なるべくなら、余分なものは吸収したくないですよね?😱

📍SPFが25〜30程度の日焼け止めをつかう📍

SPFが高いほど効果があると思いがちですが、そうではありません‼️

実は、SPFは30以上になると紫外線防止効果にはほとんど変化がないのです🤲

なので、強いと敏感肌の方には刺激が強いので、25〜30がちょうどいいです!

💗日焼け止め三原則💗

1💫ちょっとでの外出でも、日焼け止めを塗る!

少し外に出ただけでも、お肌は紫外線を吸収してしまいます!それがどんどん積み重なっていくと結局お肌はダメージを受けてしまいます💦

少しでも紫外線にあまり当たらないよう、対策しましょう🌈

2💫こまめに塗り直す!

どんなに有能な日焼け止めでも、時間がたつと効果がどんどんうすれてきてしまいます、、、

特に長時間外にいる場合は、こまめに塗り直しましょう!

3💫帰宅時になるべくはやめに日焼け止めを落とす!

保湿効果があるわけではないので、なるべくはおとして清潔なお肌の状態にもどしましょう!

日差しが強い夏、海や祭りたのしい行事ばかりです☀️☀️

そういうときこそ、しっかり日焼け対策をして清潔なお肌のまま夏をのりこえましょうっ!

お肌の綺麗さとても大切です❣️お肌美人目指しましょう♪

都内最大規模のシェービングサロンヒロ銀座には年間20,000人以上の花嫁様がご来店されます。

お試しブライダルシェービングはホームページ限定で4,320円(税込)でご利用いただけます!

また、ブライダルにはかかせないのがフェイシャルケアですが、ヒロ銀座では最新美容機器を導入しておりますが、実は「理容室価格」にてご利用いただけます。

※エステサロンの3分の1以下!

ブライダルサロンをお探しの方は是非ヒロ銀座へ!

一生に一度の結婚式を綺麗に迎えましょう

ご予約はこちら

http://www.hiroginza.com/ladies/bridal/

肌の乾燥と対策

皆さん明けましておめでとうございます🎍🎍今年もよろしくお願いします🙇🏻‍♀️

     青山店の渡邊です

新年1発目のブログはほとんどの方が気になっている乾燥とその対策について書いていきます!

皆さん1年で1番乾燥する時期知ってますか??

実は1月下旬から2月なんです🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️

ではなぜこの時期に乾燥するのか…

  • 冬の乾燥した空気気温が低い冬は空気が乾燥しがちで空気中に含まれる水分量が低くなるため、冬は他の季節と比較すると肌にとっては慢性的な乾燥の状態が続いてる。肌は外気の影響を受けやすいため健康な肌も冬はカサカサになりやすい。

  • 暖房器具               室内のエアコンや暖房グッズも肌の乾燥を引き起こす原因です「室内の乾燥=エアコン」と思いがちですが、ホットカーペットやこたつ床暖房なども皮膚を乾燥させてしまいます。 
                  
  • 入浴🛀🏼

入浴してから20分ほどたつと、肌は入浴前より乾いた「過乾燥」状態になるといわれています。

おふろで身体を洗う時、タオルやボディブラシの刺激で肌の表面が傷付くと、肌のバリア機能がこわれて、水分が蒸散しやすい状態になってしまいます。

また、お湯につかると、肌本来のうるおい成分が溶け出してしまうので、ますます肌の水分が蒸散しやすい状態になってしまいます

夏はシャワーですませていても、冬になるとお風呂が欠かせないという人も多いですよね。

疲れをとる・リラックスするという意味では、40度前後のぬるめのお湯がおすすめなんですが、

熱いお湯が好きな人も多く、これが肌のかゆみを招くキッカケになることも🤦🏻‍♀️

42度以上の高い温度のお湯は、人間の身体の「かゆみセンサー」を刺激してしまい、入浴後や夜寝た時に肌がかゆくなりやすくなると言われています。

「入浴のあとは、より乾燥する」というのを頭に入れておくといいと思います!

ではどのように対策にするか

☆部屋の保湿を心がける

体の覆っている皮膚の70%は水分からできてます。潤いのある肌を保つには、加湿器を使って湿度50〜60%ぐらいに保つことがポイント🙆

☆肌に良い食事を摂る

皮膚はタンパク質で作られているので良質のタンパク質を取ると保湿力🆙します!豆腐・肉🍖・大豆などを取ると◎

☆入浴はぬるめのお湯で

肌が乾燥しているとき状態のときの長時間の入浴や、熱いお湯での入浴はNG❌

熱めのお湯は肌の乾燥を進行させてしまうのでお湯の温度は38〜40℃が良いと言われています🙆

ただし香料や着色料が使われている入浴剤は逆に肌の刺激になりがちなので注意⚠が必要です。

☆スキンケアはすばやく

洗顔後も入浴後も水分が急速に蒸発するので肌が最も乾燥しやすいです。肌の乾燥が酷いと感じたときは洗顔後と入浴後はすぐに保湿ケアを行うのがポイントです😌

 

冬に起こる肌荒れの原因はどれかひとつというわけではななく、いくつか要因が重なってます!

意識した保湿対策を取入れながら肌をケアして乾燥しがちな冬を一緒にのりきりましょう🙋🏻‍♀️🙋🏻‍♀️

 

ご予約はこちらから→http://www.hiroginza.com/ladies/bridal